認定看護師紹介

当院について

認定看護師紹介

認定看護師とは

認定看護師の集合写真

日本看護協会が行っている認定看護認定審査に合格し、19領域ある認定看護分野において、高いレベルの看護を実践するスペシャリストです。当院でも5分野で計7名の認定看護師が活躍しています

1)感染管理認定看護師 與那嶺教子

感染管理の目的は患者様・ご家族、職員を感染から守ることです。そのために、現場で感染防止対策が実践できるよう職員教育を行い、現状の把握、改善策の提案など現場と調整しながら感染防止対策を勧めています。また、相談しやすい雰囲気作りや多職種と連携を図りながら感染管理に努めています。患者様や職員に安心・安全な療養環境・医療環境を提供できるようにと日々奮闘しています。『私のモットーはいつでも明るく笑顔で対応することです。』

2)皮膚・排泄ケア認定看護師 平良豊

排泄ケア領域(創傷・ストーマ・失禁管理)のケアを専門的に行っています。入院患者のケアはもちろん、訪問看護ステーションと連携し同行訪問や退院後訪問指導などを行い地域医療への貢献に務めています。

3)緩和ケア認定看護師 玉寄菜穂/小田島怜子

緩和ケアは看取りのケアを思われがちですが、現在はがんと診断された時から緩和ケアを受けることがすすめられ、病気の段階においては苦痛を緩和することが大切だと考えられています。友愛会には3名の緩和ケア認定看護師がおり、患者さんの体や心のつらさ生活や仕事のこと、療養場所、ご家族の気がかりなど相談に乗れるようにしています。緩和ケア病棟では、病状が進行した場合や症状緩和が必要な人が穏やかにその人らしく過ごせるようお手伝いをしています。医師や看護師だけでなく、相談員、心理士、薬剤師、栄養士、リハビリスタッフなど多職種で協力し、それぞれの専門性を生かしながらチームで関わりを持っています。また訪問診療、訪問看護、地域と連携し、患者さんやご家族が希望される療養の場所で過ごせるよう支援していきたいと思っています。

4)認知症看護認定看護師 外間政也

一般病院では疾患の治療・救命が優先されるため、病棟の環境は集団的・管理的になりやすい現状があります。対応により認知症の人を混乱させてしまい、疾患の治癒を遷延させることもあります。医療従事者に対して、認知症ケアの実践を通して役割モデルを示すとともに、認知症の病態・症状を理解し病状の経過に沿った対応ができるよう指導・相談対応を行うことで、院内の認知症ケアの質の向上に努めています。

5)慢性呼吸器疾患看護認定看護師 田丸悠大

慢性呼吸器疾患であるCOPD、間質性肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群、神経・筋疾患による呼吸障害のある患者様への看護ケアや、治療開始時の機器の説明などを行っています。慢性呼吸器疾患看護認定看護師として組織横断的な活動を行うなか、多職種の連携が円滑にいくようにチームをコーディネートしていく役割が重要であると考えます。慢性疾患と共に生きるということはどういうことなのかを考え、生きてきた背景を尊重したケアとなるように。その人らしさが光る生き方を大切にし、支えられるように。ケアの中に体温を添えられるように。看護師としての誇りを持って行動していきたいと思います。「天使とは美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である」僕の好きな言葉です。

お問い合わせ​

お電話

098-851-0501

FAX

098-851-0506